床の4大トラブル

耐久性が求められる箇所の補修方法

~パテを使った補修~


パテの作業方法

ハードワックスでは補修しきれない大きさのキズには、耐久性や成形の面でパテが有効です。


具体的には、「スティック系で補修するには大きすぎるキズ(1.5cm以上)」や「角の欠けキズ」「耐久性が必要な場所のキズ」などです。ここでは、パテの基本的な補修方法をご説明します。


また、補修範囲が広いため、艶調整はより目立ちにくく仕上げるためスプレーを使用します


作業工程

  • ①下地処理
  • ②充填
  • ③成形
  • ④着色
  • ⑤艶調整

使用する材料

  • レックスリート または ウッドカラーエポキシパテ
  • セルローズシンナー
  • エナメルペイント
  • ブラッシュペン
  • エコスター サンディングシーラー
  • UVガード

使用する道具

  • マクソントランサー
  • スペシャルフィラーズアプリケーター
  • メタルプレイナー
  • ペーパーパレット
  • スーパーアシレックス(またはサンドペーパー)



 広範囲着色の作業方法へ>

画像の見られない方はこちら