床の4大トラブル

サッシについたキズの補修方法


サッシのスリキズは、表面のクリア層にのみキズが入っている場合が多いです。


そのような場合は、艶調整用のクリアスプレーを使用するだけで美観を回復することが可能です。


作業工程

  • スーパーアシレックス
  • ウエス
  • 養生材(ビニールマスカー)

使用する材料

  • アルミリペアカラースプレー スリキズ用
  • マルチスティックプライマー
  • セルローズシンナー

作業工程

  • ①養生
  • ②サンディング
  • ③清掃
  • ④中塗りスプレー塗布
  • ⑤上塗りスプレー塗布
  • ⑥ぼかし剤の塗布


⑥ぼかし剤の塗布


必須の作業ではありませんが、“ぼかし”の作業を施すことで、より目立ちにくく綺麗に仕上げることができます。

ここでは、ミストリムーバーの2通りの使い方を紹介します。


1.境界線をぼかす

サッシ1本を塗布する場合には起こりませんが、サッシが長く、養生を施して部分的に上塗り剤を塗布する場合には、その部分に境界線が発生します。

(スプレーの塗膜厚分、段差ができるため)

この境界面に塗布することで、段差を溶かして目立ちづらくします。


 作業方法

  • 上塗り剤を塗布する(スリキズ用スプレーなど)
  • ドライヤーでの乾燥は行わず、養生を剥がす
  • 境目(段差の箇所)にミストリムーバーを塗布する


2.表面を平滑に整える


 作業方法

  • 上塗り剤の塗布範囲全体にミストリムーバーを塗布する


  • ポイント!

    自然乾燥させることで、ゆっくりと表面が溶かされるため、よりなだらかな塗膜面に仕上がります。

     TOPへ>

    画像の見られない方はこちら