ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

アコーディオンメニューの作成

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アコーディオンメニューの作成

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

みなさんお困りの床鳴りに

床鳴りが特に起こりやすいのは、梅雨と冬の時期です。

梅雨時は空気中の湿気で床材が膨張しやすく、冬時は逆に乾燥によって床材が伸縮し木痩せが起こりやすくなります。空気の変化に応じて、木材も敏感に変化しています。


床鳴りの原因は様々あり、特定が難しい場合もありますが、よく起こる下記2種類の床鳴りについてご紹介します。

実鳴り

床材の継ぎ目部分(実=さね)がこすれてキュッキュッと音が出ている、実鳴りの解決方法として効果を発揮するのが、床鳴り止まるんですです。


 床材の継ぎ目(実)に沿って流し込むことで、潤滑剤となり摩擦を軽減して床鳴りを抑えます。

 継ぎ目(実)部分を湿らせ、木部を柔らかくすることで木と木が擦れた音が鳴りにくくなります。

 一度の注入で鳴り止まない場合は、継続的に使用し続けることで効果が持続し、音が鳴らなくなっている間に使用箇所の摩擦が進み、フロアの継ぎ目(実)のかみ合わせがよくなり、最終的に床鳴りが緩和されるという仕組みです。

 

使用する補修材

床鳴り止まるんです
 

床材と下地構造材の隙間


浮き・そりなどにより隙間が生じ、その部分の床を踏むと床がたわむことでミシミシと音が出ている。新しいお家でも老朽を感じる音です。

床材と下地構造材の隙間に効果を発揮するのが、ギシギシストッパーミニです。


 接着不良、乾燥などにより床材と根太・大引などの下地構造材の部分にできた隙間を埋める接着剤です。

 隙間部分に注射器を使って、発砲ポリウレタンの接着剤を注入することで、液が膨張硬化し、隙間を埋めて、床鳴りを抑えます。

 注射器で注入できるため、床をはがすことなくトラブルを解決できます。


床材と下地構造材の隙間

①穴をあける           ②液を注入する           ③穴を埋める



※「ギシギシストッパーミニ」は、床の構造をきちんと把握された専門の方にご使用いただく商品です。


※どちらも床暖房フロアには使用できませんのでご注意ください。
特に「ギシギシストッパーミニ」は、穴を開ける作業の際、発熱体の損傷やショートしてしまう恐れがあります。


※事前にマスキングテープ等で養生しておくと周囲に付着せず作業ができます。

 

使用する補修材  ECO着色剤

ギシギシストッパーミニ
 
新商品発表会・技術交流会の開催

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

#ハウスボックス

営業カレンダー

2019年10月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

営業カレンダー

2019年10月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です