アコーディオンメニューの作成

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アコーディオンメニューの作成

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

匠トップ > 作業方法資料 > ハードワックスによるフロアえぐれ傷の補修方法

ハードワックスによるフロアえぐれ傷の補修方法

ケーニッヒ社のハードワックスは、溶けると水のようにさらさらになるため、充填しながら数色を混ぜて色合わせをするという作業が容易にでき、下地の色から木目の色までハードワックスで再現できます。専用の細いナイフ型のコテで傷部分だけに充填して作業するため、傷周囲を傷めることなく、熱に弱いシート系の建材の補修にも適しています。

*

1.下地処理

傷輪郭部分のささくれをカッターで除去し、マクソントランサーNo.3で輪郭を潰してなだらかにします。

さらにハードワックスの密着をよくするために、スペシャルフィラーズアプリケーター内部に入っているナイロンパッドで足付けを行います。

*

補修対象物が明るい色の場合やシート建材は、ハードワックスを充填した際に染み込んで濃くなるのを防ぐため、エナメルペイントで近似色を作り、下地に塗っておくとよいです。

*

2.充填

木目間の地の色に近くて少し明るい色、木目に近い色、その中間の色の3色のハードワックスを基準とし、3~5色のハードワックスバーンナイフG5000RⅡで溶かし調色しながら充填します。

*

3.面出し・成形

スペシャルフィラーズアプリケーター表面の∩∩∩ 型の面で削り、ある程度表面を平らにし、次に ∧∧∧型の面で表面を整え、さらに先端できれいに削ります。

面出し後、色が合っていない場合は充填・面出を繰り返し、色を合わせていきます。ハードワックスである程度まで色を合わせておくことが重要です。

*

色が合ったら、成形の仕上げを行います。
さらにきれいに表面を整えるため、リキッドサンドペーパーフェルトブロックに含ませ軽く擦ります。リキッドサンドペーパーハードワックスの微妙な盛り上がりを溶かし取ってくれます。

そして、ナイロンパッドやサンディング&ポリッシングクロスで表面を擦り、周りと艶・質感をある程度そろえます。

*

ナイフ型のコテ先は細いため、筆で描くように動かしながら、ハードワックスで木目を再現することも可能です。

*

4.着色

その後に塗る塗料のハードワックスへの密着を高めるため、ハードワックスプライマーを塗布します。

*

ハードワックスで再現しきれなかった色合いや、ちょっとした色の違和感をアートマーカーエナメルペイントで調整し、さらに色合いを近づけます。

*

5.艶合わせ

艶の合ったエコスタースプレーを塗布し、補修個所と周りの艶を合わせます。

 

*

掲載している商品は、予告なく変更する場合がございます。


#ハウスボックス

営業カレンダー

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です