アコーディオンメニューの作成

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アコーディオンメニューの作成

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

頑固な根太ボンド汚れ

フロア材を貼る際に接着剤として使用する根太ボンド、多くはウレタン樹脂系が用いられていますが、一度フローリングの表面についてしまうと、なかなか落ちないんです。

現場では、職人さんが上靴に根太ボンドが付いているのを知らずに歩いて、様々な場所にペタペタと付いてしまっていた、なんてトラブルをよく伺います。


職人さん泣かせですね。


そんなトラブルを解決できるアイテムが、ドイツのドクターシュッツ社の「CC-Ecoリムーバー」です。

EU圏内のほとんどの建材メーカーが正式採用している信頼の高いブランドで、ノントルエン、ノンキシレン、中性に近いpH7.5で環境に優しいものとなっています☆


使い方


 接着剤や汚れ箇所へ直接吹きかけます。

 頑固な汚れ・接着剤やワックス剥離には、10分~60分放置後、ウエスで拭き取ります。

 一週間ほど経ってしまったような頑固なものは、表面のコーティングにも染み込んで固まってしまっていますので、 スクレーパーを併用してコーティングごと削ぎ落とす必要があります。

 きれいに拭き取った後、さらに水拭きし、「CC-Ecoリムーバー」を完全に取り除きます。

 艶が落ちている場合は、艶調整を行ってください。

実際の試験結果はこちら 


試験結果はこちら

左から…木工用ボンド、ウレタン系接着剤ボンド、アクリル系根太ボンド

上から…1日後、2日後、1週間後


試験結果

[テスト方法]

 フロア材2種類、表面仕上げがつるつるしている物と凸凹のある物を使用。試験対象を塗布後2日間放置。リムーバーを吹きかけ約10分後にウエスで拭き取る

[評価方法]

 剥がれるもの〇

 剥がれにくいもの△

 剥がれないもの×

  
試験対象評価方法 評価
ウレタン樹脂系接着剤 フロア材2種類の違いはなく溶けるようにキレイに剥がれる
ラッカー系塗料・鉛筆・マジックペン フロア材2種類の違いはなく溶けるようにキレイに剥がれる
アクリル樹脂系フロアコーディング剤
水性樹脂ワックス
フロア材2種類の違いはなく溶けるようにキレイに剥がれる
合成ゴム系接着剤 剥がれにくい
20分程度放置し、布で強く擦るかスクレーパーで削り落とす
シアノアクリレート系接着剤 × 剥がれない

付着後1日以内の根太ボンドですと、素地を傷めずにスルっと取れます。

まだ使った事のない方は、一度試してみてはいかがでしょうか?


使った事のある方は、率直なご意見を頂ければと思います。

 

使用する補修材



 

#ハウスボックス

営業カレンダー

2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

※赤字は休業日です