ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

匠トップ > 作業方法資料 > ターボクリートによるコンクリート ヒビ割れの補修方法

ターボクリートによるコンクリート ヒビ割れの補修方法

ラストオリウム社のターボクリートコンクリートリペア&アドヒーシブは2液混合型ガンタイプのエポキシ樹脂主成分の充填材で、コンクリート壁やコンクリート床に発生したヒビ割れやクラック用の補修材です。耐久性や耐水性に優れ、その他金属や石材などの充填・接着にも使用可能です。硬化後の痩せもなく、硬化時間も2時間と早いです。 また、専用のターボクリートヘビーデューティーガンを使用することで、容易に充填作業を行うことができます。

*

【工程】
*1.下準備・養生
2.充填
3.面出し・成形
4.着色
5.艶合わせ・仕上げ

【使用材料】
1.ターボクリートコンクリートリペア&アドヒーシブ
2.ヘビーデューティーガン
3.フェラーエックス
4.UVガード スーパーハイマット

*

1.下準備・養生

ヒビ割れの中をブラシなどでクリーニングし、細かい砂利・石くずなどを取り除きます。 さらに、パテが周りに広がるのを防ぐため、養生テープで養生を行います。

下準備・養生

*

2.充填

ターボクリート コンクリートリペア&アドヒーシブヘビーデューティーガンに装着し、ヒビ割れに充填していきます。 その後、ヘラなどでならしていきます。

充填

*

3.面出し・成形

2時間経ち硬化しましたら、養生テープを剥がしサンドペーパーで#120→180→240の順番で研磨し、平らにします。 平らになり、しっかりとヒビが埋まっていることが確認できましたら、作業終了となります。 着色などを行う場合は以下の手順で行います。

面出し・成形

*

4.着色

着色

フェラーエックスで色を合わせ、筆やスポンジなどでぼかしながら着色をしていきます。

*

5.艶合わせ・仕上げ

艶合わせ・仕上げ

UVガード スーパーハイマットで艶合わせを行い、仕上げとなります。 吹きすぎるとコンクリートに染み込みますので、最小限の量で吹いてください。 ※基本的にコンクリートのヒビ割れは非常に大きく、着色も難しいですので、充填・面出しでの仕上げをおすすめします。

*

掲載している商品は、予告なく変更する場合がございます。

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
       

営業カレンダー

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

営業カレンダー

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※赤字は休業日です