ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

匠トップ > 作業方法資料 > 簡単にできるレザーのメンテナンス方法

簡単にできるレザーのメンテナンス方法

フェニチ社では、手軽で使いやすいメンテナンス商品を多数製造しています。アニリン仕上げの皮革製品はほぼ天然と同等の皮革ですので、大変デリケートで傷や染み汚れができやすいです。今回は、傷補修が難しいとされているアニリンレザーにも対応できる作業として、メンテナンスに関する商品とその方法をご紹介します。

【不具合の種類】
1.こすれ( 色落ち)
2. 表面の乾燥やこすれ
3.油分の染み

【使用材料】
1.スクラッチリムーバー
2.レザーリバイブ
3.レザーディグリーサー

*

1.スクラッチリムーバーアニリンによるこすれ(色落ち)のメンテナンス

*
こちらのバッグ内部の革はアニリン仕上げで、 数年の使用でこすれが無数にできてしまいました。アニリン仕上げのレザーはちょっとこすっただけで色が落ちてしまいます。 スクラッチリムーバーアニリンは周りから色を寄せるようにして、不具合箇所の色を復活させる商品です。
※対象レザー:アニリン、プルアップ

*
*

スクラッチリムーバーを柔らかい布やウェスに少量取り出します。

*
*

優しく円を描くようにして塗り込んでいきます。色落ちのひどい部分は少し力を入れて周りから色を寄せてあげるようにして塗りこみます。

*
*

30 秒ほどで乾燥します。
こすれ傷部分の色が復活し、きれいに仕上がりました。

*

2.レザーリバイブによる表面乾燥・劣化のメンテナンス

*
こちらは羊皮をアニリンで仕上げた財布で、 大変デリケートで柔らかく、表面もこすれて傷みやすいです。数ヶ月使用しただけでこのようになってしまいました。 レザーリバイブは皮革表面の乾燥や硬化、きしみに潤いと栄養分を与え、柔らかくしてくれる商品です。
※対象レザー:ピグメント、アニリン、合成皮革

*
*

レザーリバイブを柔らかい布やウェスに少量取り出します。

*
*

優しく円を描くようにして塗り込んでいきます。劣化のひどい部分は染み込んで濃くなりますが、すぐに乾燥して元の色に戻ります。

*
*

30 秒ほどで乾燥します。
新品のようにきれいによみがえりました。

*

*
裏もきれいになりました!

*

3.レザーディグリーサーによる油染みの除去

*
皮革製品は長年使用していると人間の皮脂等の染みで黒ずんできます。 特にアニリン仕上げのレザーは染み込みが激しく、食品等の油が付着した場合すぐに染みになってしまいます。レザーディグリーサーは、長年の使用で蓄積した油脂分にも、即座に染み込んでしまった油汚れにも対応できる油除去剤です。
※対象レザー:ピグメント、アニリン、プルアップ。

*
*

不具合個所以外を養生し、レザーディグリーサーを15cm~20cm離して吹きかけます。油脂分を吸収され、白いパウダーとなって現われます。

*
*

最低4時間放置させ、その後乾いた布か掃除機でパウダー分を除去します。染み込みがひどい場合は、さらに長い時間放置するか、同じ作業をもう一度繰り返す必要があります。

*

カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字は休業日です

       

営業カレンダー

2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字は休業日です